デモを予約する

Blog Archives

リモート サイト / エッジ管理

エッジでの需要の増加

企業がリモート サイトでのネットワーク インフラストラクチャを優先しているため、エッジでシフトが起きています。IoT の導入が増えるにつれ、組織は従来のデータ センター以外で生成されたデータへの依存度を高めています。

絶えず増大する需要を満たすために、企業は市場の成長に合わせてより重要なアプリケーションをエッジに追加しており、市場規模は 2024 年までに 90 億ドルに達すると予想されています。そのため、企業は、スマートなソリューションを備えたデータ センターの復元力、スケーラビリティ、高可用性に対応できなければなりません。

エッジで進化するニーズに関する詳細については、ホワイト ペーパーをダウンロードしてください (英語)。

リモート サイトでのネットワークの復元力

スマート・アウトオブバンド (SmartOOB™) を Failover to Cellular™ と組み合わせると、企業はリモート ネットワークへの復元力のあるバックアップ接続を確保することができます。中断時にインフラストラクチャへのアクセスを提供することで、企業は重要なアプリケーションのビジネス継続性と稼働時間を確保できます。

スマート・アウトオブバンドは、エッジにインテリジェンスを追加し、企業が複数のサイトでインフラストラクチャを管理できるようにします。IT および IoT の復元力のニーズを超えるように設計されており、ネットワーク エッジでの識別と修復に向けて自動対応する高度な機能を実現します。

セルラーへのフェイルオーバーにより、4G LTE を使用したリモート ネットワークの中断のない可用性が保証されます。堅牢な IP パススルー テクノロジーに基づいて構築されているため、既存のインストールへの容易な統合や、新しいネットワークやブランチ ロケーションへのインスタントオン接続のための迅速な展開が可能です。

Lighthouse Enterprise は、リモート サイトの中央ハブとして機能し、ネットワーク全体に明確なビューを提供します。人的エラーを減らし、再現性を保証することにより、企業は、小規模なネットワーク イベントが大規模な混乱に陥る可能性を減らすことができます。

ビデオをご覧になり、スマート・アウトオブバンドの詳細をご確認ください。

ビデオは英語です

完全に信頼できる接続の確保

スマート・アウトオブバンドと Failover to Cellular により、主要ネットワークがダウンしても業務を中断することなく、問題をリモートで修正することができます。

Opengear は、統合された技術サービスとソリューションを提供する世界的な大手プロバイダーである ePlus と協力して、リモート サイトで信頼性の高い接続性を確保しました。Opengear のソリューションは、リモート アクセス、メンテナンス、およびプロアクティブな監視のために、米国の支社に導入されています。

ケース スタディをお読みになり、ePlus が Opengear を使用して稼働時間を確保している方法をご確認ください。

データ センター管理

データセンターの需要の進化

データセンター環境は進化を続けており、その役割と構成は過去20年間で大きく変化しています。ハイパースケールデータセンターからコロケーションまで、どのようなタイプの施設であれ、企業はスピード、パフォーマンス効率性を期待しています。

モノのインターネット (IoT) などの新しいテクノロジの増加は、データセンター市場の成長の大きな原動力となっています。米国のデータセンター市場は、2024年までに600億ドル以上の収益に達すると予測されていますが、現在では、データセンター機器を監視するためのスマートソリューションが必要です。

場所を選ばず、いつでも接続可能

Opengear によるスマート・アウトオブバンドは、インフラストラクチャ管理を新たなレベルに引き上げます。従来のアウトオブバンド管理ソリューションを超えて、データ センター インフラストラクチャへの効率的で安全なアクセスを保証します。

ネットワーク インフラストラクチャのリモート管理を合理化する スマート・アウトオブバンドは、主要ネットワークがダウンした場合にデバイスへの代替パスを提供します。自動化されたインテリジェンスは、環境のリモート監視とコントロールを可能にすることで、重要なアプリケーションの稼働時間を確保します。プロアクティブな識別により、企業は問題を迅速に修正して、ビジネス継続性を確保し、ダウンタイム コストを最小限に抑えることができます。

Opengear スマート ソリューションのメリットの詳細については、ホワイト ペーパーをお読みください (英語)

ダウンタイムに負けないデータ センターの維持

スマート・アウトオブバンドにより、世界中の組織が、分散データ センター内のデバイス間で復元力のあるバックアップ接続を確保できるようになります。Opengear のコンソール サーバーとインフラストラクチャ管理ソリューションは、ネットワークの復元力を確保し、ビジネスの継続を可能にします。

Opengear は、高性能ホスティングおよびグローバル インフラストラクチャ サービスの大手プロバイダーである i3D.Net と協力して、同社のグローバルな運用の維持を支援しました。ネットワークを常時稼働させる必要があるため、Opengear ソリューションを展開して、世界中のルーターの復元力を確保しています。

ビデオをご覧になり、i3D.net が Opengear を使用して稼働時間を最大にしている方法をご確認ください。

ネットワーク レジリエンス

ネットワークを常時稼働させる

ネットワークの復元力とは、通常作業で障害や課題に直面した場合でも、許容できるレベルのサービスを提供し、維持することができる能力のことです。ネットワークの復元力は、稼働時間の改善や冗長性の構築だけでなく、企業のバックボーンである IT インフラストラクチャにインテリジェンスのレイヤーを追加します。

IT リーダーを対象とした 独自の調査 (英語) では、49% がネットワーク レジリエンスを最優先事項の 1 位と回答しています。

最大の稼働時間を確保するために、企業は、プロアクティブな監視と修復を通じて最高レベルのビジネス継続性を提供するように設計された包括的なソリューションを必要としています。

企業のネットワークの復元力を確保する方法の詳細については、今すぐホワイトペーパーをダウンロードしてください。(英語)

冗長性は復元力ではない

冗長性はパズルの重要な部分であり、データ センターの信頼性は、バックアップ発電機、手持ちの交換用ハードウェア、およびセカンダリ ネットワーク接続に大きく依存しています。しかし、冗長性はレジリエンス ソリューションの一部ではあるものの、考慮事項はそれだけではありません。小規模な場所やサテライト オフィスでは、冗長性を組み込むことは費用効果が高くありません。また、現場に技術スタッフがいないため、IT インフラストラクチャをリモートで監視、管理、修復する機能は、ソリューションの復元力を高める重要な追加となります。

スマート・アウトオブバンド管理により、ネットワーク エンジニアリング チームは、中心部から重要なデバイスに安全にアクセスし、技術者を現場に派遣することなく問題を予測して修正することができます。

IT 部門の上級意思決定者を夜も眠れなくしているネットワークの問題を発見してください。Opengear が委託した独自の調査 (英語)をお読みください。

新しいネットワーク レジリエンス プラットフォーム

Opengear ネットワーク レジリエンス プラットフォームは、すべての IT ロケーションに NetOps または Smart OOB コンソール サーバーを設置し、Lighthouse 管理ソフトウェアを通じて集中的にオーケストレーションを行うことを基本としています。

ネットワーク レジリエンス プラットフォームは、独立した管理プレーンを介して重要なネットワーク デバイスへの安全なリモート アクセスを提供しており、機器の安全な配置やプロビジョニングなどの NetOps プロセスを自動化し、任意のエッジ ロケーションからリモート IP デバイスにアクセスする機能を備えています。

このプラットフォームは、ネットワーク エンジニアのネットワークです。それぞれのロケーションの物理的なハードウェアを介して安全なリモート アクセスを実現し、コア ネットワーク チームのみが利用できる、常に利用可能な独立したネットワークを提供します。初日 (Day One)、日常の管理、および実稼働ネットワーク イベント中にも使用されます。

Opengear のスマート ・アウトオブバンド テクノロジーに加えて、オープン アーキテクチャの NetOps 自動化ツール (Docker サポート、Python ランタイム環境) を使用することで、コンソール ポートへの安全なアクセスを提供しながら、堅牢な管理プレーンを作成することができます。

ネットワーク レジリエンス プラットフォームの詳細については、デモをご予約ください

Opengear 製品ファミリー

製品パンフレットのダウンロード:
ネットワーク レジリエンス プラットフォーム

SD-WAN とアウトオブバンド

よりスマートなネットワークの作成

SD-WAN は、企業に対して、低コストで安全なネットワーク接続を提供します。複数のサイト間において、ますます高度化するネットワーク デバイスの分散をサポートできる、より機敏なワイド エリア ネットワーク (WAN) を構築することで、SD-WAN の幅広いメリットは、企業の展開における標準となりました。

これらの利点は次のとおりです。

  • 動的 VPN トンネルを介した標準ブロードバンドの安全な接続
  • 新しいネットワークの柔軟性の向上
  • コモディティ ハードウェアを使用したコスト削減
  • 新しいネットワークの迅速な展開

しかし、これらの利点を提供するために、SD-WAN 展開のローカル ルーターはさらに高度化しており、一定のネットワーク接続性を期待する従来のネットワーク管理に課題をもたらす可能性があります。

SD-WAN の展開に必要なスマート ソリューションの詳細については、ホワイトペーパーを今すぐダウンロードしてください (英語)。

潜在的な SD-WAN 割り込みについて

SD-WANによって可能になる新しい柔軟性は、リモートエンジニアがオンサイトデバイスを管理する必要性を高めています。SD-WAN ハードウェアの高度化により、適切なソリューションが導入されていない場合に大規模な障害が発生する障害点が導入されています。

障害のポイントには、次のものがあります。

アップデート:ファームウェアのアップデートが実行されるたびに、設定ミスやエラーが発生し、ルータがダウンする可能性があります。

セキュリティ: SD-WAN では、企業を保護するために追加のセキュリティ サービスが必要です。プライマリ SD-WAN 接続は セキュリティで保護され、 展開する他のセキュリティ ソリューションに追加する必要があります。

SD-WAN ソリューションの概要シート(英語)を読んで、障害の可能性がある点について詳しく説明します。

ビデオは英語です

SD-WAN によるネットワーク レジリエンスの確保

SD-WAN はスタンドアロンのソリューションではありません。以前の WAN からの最初のロールアウトまたは移行中、企業のネットワークは、度重なる更新や不具合により不安定な状態になる可能性があります。SD-WAN の展開には多くの利点がありますが、単一の障害点によってダウンタイムが発生する可能性があります。スマート・アウトオブバンドは SD-WAN 展開をサポートし、エンジニアがいつでもネットワークにアクセスできるようにします。

スマート・アウトオブバンドは本番ネットワークとは別のものであり、エンジニアがすべてのリモート デバイスをリモートで監視および管理できるため、中断がプライマリ操作に影響を与えることはありません。自動化されたインテリジェンスを使用して継続性と稼働時間を確保し、スマート・アウトオブバンドと Failover to Cellular™ の組み合わせにより、常時アクセスを提供することでネットワークの復元力を実現します。Lighthouse Enterprise は、ネットワークの完全な可視性を提供し、中断が発生した場合には問題を診断し、修正します。

次の SD-WAN 展開に向けて、Opengear のスマート・アウトオブバンドのメリットをご紹介します。

ビデオは英語です

NetOps Automation

NetOps for your Network

DevOps tools are increasingly applied to networking, creating a NetOps approach to building and maintaining a reliable infrastructure to support the virtualized world – a network that is both available and agile. One approach to introducing NetOps into an enterprise is to layer it into an existing solution, adding functionality and flexibility to a familiar component of your infrastructure.

A Smart Out-of-Band management network already provides presence and proximity to your critical devices, and so is well-placed to bring NetOps automation to your network. The ability to run standard NetOps tools, such as Docker, Ansible, and Python on a console server provides a new way to automate your operations at centralized and remote locations.

FIND OUT MORE

The “Mars Lander” Solution

 

Most of us aren’t trying to land a module on the red planet. But when you deploy to a new location, you are often sending equipment to a “hostile” environment – untrusted, unmanned and with no connectivity.  Imagine if you could send a secure NetOps Console Server to that location to manage your Day-one deployment, with an embedded TPM chip to ensure protection of the configuration files and prevent tampering.

When the appliance “lands” at the remote site, it calls home over a secure LTE connection and enables the deployment process to be managed via a centralized management software. Up-to-date configuration and image files are pulled in, and standard Docker containers and Python runtime environment allow a range of automation procedures to run directly on that appliance. A simple, secure, reliable solution to Day-one deployments.

REQUEST A DEMO

NEW NetOps Console Servers

That solution now exists, in the new Opengear NetOps Console Servers – Network Management appliances that combine the capabilities of a SmartOOB Console Server with the flexibility of NetOps Automation. They feature an x86 CPU to power automation tools, and a TMP2.0 chip for embedded security.

The compact OM1200 appliance is designed specifically for secure edge deployments, used in combination with Lighthouse Management Software, while the OM2200 appliance is configured for data centers and high density locations.

Integrated into Opengear’s Network Resilience Platform, they provide a separate, secure management plane which supports emerging requirements in Network Management and Automation.

PRODUCT DETAILS