デモを予約する

Blog Archives

NetOps Automation

ネットワークのNetOps

DevOpsツールはネットワークにますます適用され、仮想化された世界を支える信頼性の高いインフラストラクチャを構築および維持するためのNetOpsアプローチを作成しています。NetOps を企業に導入する 1 つのアプローチは、既存のソリューションに統合し、インフラストラクチャの使い慣れたコンポーネントに機能と柔軟性を追加することです。

スマートアウトオブバンド管理ネットワークは、すでに重要なデバイスに対する存在感と近接性を提供しており、NetOpsの自動化をネットワークに提供するのに十分な配置を備えています。コンソール・サーバー上で DockerAnsible、および Python などの標準 NetOps ツールを実行する機能は、一元的な場所や遠隔地での操作を自動化する新しい方法を提供します。

詳細を見る

 

「火星着陸船」ソリューション

私たちのほとんどは、赤い惑星にモジュールを着陸させようとしていません。しかし、新しい場所に展開すると、多くの場合、機器を「敵対的な」環境(信頼できない、無人で、接続なし)に送信します。 設定ファイルの保護を確保し、改ざんを防ぐための TPM チップを組み込んで、安全NetOps コンソール サーバーをその場所に送信して Day-one 展開を管理できる場合を想像してみてください。

アプライアンスがリモート・サイトに「着陸」すると、セキュア LTE 接続を介してホームを呼び出し、集中管理ソフトウェアを介して展開プロセスを管理できます。最新の構成ファイルとイメージ ファイルが取り込まれ、標準の Docker コンテナーと Python ランタイム環境により、そのアプライアンスでさまざまな自動化手順を直接実行できます。Day-1 の展開に対する、シンプルで安全で信頼性の高いソリューション。

デモをリクエストする (英語)

新しい NetOps コンソール サーバー

このソリューションは、新しいOpengear  NetOps コンソール サーバー – ネットワーク管理アプライアンスに存在し、スマートOOB コンソールサーバーの機能 NetOps オートメーションの柔軟性を組み合わせたものです。電源自動化ツールに対して x86 CPU、組み込みセキュリティ用の TMP2.0 チップを搭載しています。

コンパクトなOM1200 アプライアンスは、ライトハウス管理ソフトウェア組み合わせて使用されるセキュアなエッジ導入用に特別に設計されており、OM2200 アプライアンスはデータセンターと高密度ロケーション用に構成されています。

Opengearのネットワークレジリエンスプラットフォームに統合され、ネットワーク管理と自動化における新たな要件をサポートする、安全な独立した管理平面を提供します。

製品の詳細

NetOps Secure Provisioning Module

NetOps Secure Provisioning Module

The Opengear NetOps Automation™ platform builds on the Lighthouse centralized management software, with containerized NetOps Modules to automate specific functions within the IT workflow.

These modules are built as Docker containers and accessed through the Lighthouse GUI, with an open API allowing third parties to also develop modules to be used in the platform. Module licenses can be purchased through your Opengear reseller or the third party module developer